ホーム > 商品一覧 > お茶 > 抹茶 > 茶こし付宇治抹茶 40g











茶こし付宇治抹茶 40g
茶こし付宇治抹茶 40g
茶こし付宇治抹茶 40g

茶こし付宇治抹茶 40g

商品番号 302117

宇治抹茶使用1缶で抹茶20杯分

販売価格750円(消費税込:810円)

[8ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00

akkoさん(1件) 購入者

宮城県/70歳以上/女性 投稿日:2017年07月16日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

一番のお気に入りの商品です。
初めて出会ったとき、なんて便利なんだろうと思いました。手軽でしかも美味しいので毎日頂いています。

お茶の特徴

宇治抹茶を、昔ながらの石臼でゆっくりと時間をかけて丁寧に挽きあげました。石臼で挽くことにより、粒子が細かくなり、泡立ちがよく口当たりのよいまろやかな抹茶になります。
茶こしがついているので、そのまま振るだけでサラサラとした抹茶がお楽しみいただけます。料理やお菓子に振りかけたり、アイデア次第で便利にお使いいただけます。

■覆下栽培と露地栽培の違い
覆下栽培は、16世紀後半ごろから始まりましたが、当時は宇治だけに許されていた栽培方法でした。昔はよしずや藁が用いられていましたが、最近は寒冷紗や不織布などの化学繊維のものがよく使われています。
太陽を浴びると、お茶の木に含まれているテアニン(アミノ酸/旨み成分)がカテキン(ポリフェノール/渋み成分)に変化します。そのため畑に覆いをして、日光を遮断し、カテキンに変わりにくくして育てています。露地栽培に比べて、葉が薄く、緑が濃いのが特長です。

■京都府産の宇治抹茶使用
宇治茶の定義は、京都府、奈良県、滋賀県、三重県の産茶で府内業者が府内で仕上げ、加工したもので、府内産茶50%以上のもののことをいいます。(京都府茶業会議所)
京都府産だけですと、量が限られてしまいますが、この京都府産の抹茶だけを贅沢に使っています。

■じっくりと石臼で挽きました。
摘み取った茶葉は、蒸したあと揉まずに乾燥させます。これを碾茶(てんちゃ)といいます。この碾茶を石臼でじっくりと時間をかけて挽きました。
石臼で挽くことにより、粒子が細かくなり、泡立ちがよく、口当たりのよいまろやかな抹茶になります。石臼で1時間挽いてできるのは、たった40gです。

■茶こし付でいつでもサラサラ抹茶
抹茶は細かく挽いているため、静電気を帯びやすく、小さなダマ(粒)ができる場合があります。これは茶こしがついているので、そのまま振るだけで、いつでもサラサラとした抹茶がお楽しみいただけます。
使ったあとも、そのままフタができるので、茶こしをその都度洗う必要もありません。

■「抹茶を食べる。」本格抹茶を、手軽に食卓で。 そのままかけて、抹茶と砂糖を混ぜて、ミルクと混ぜて、生地に混ぜて、抹茶と塩を混ぜて・・といろいろアレンジしてお楽しみください。

内容量40g
原材料名緑茶
産地国産
賞味期間7ヵ月
商品サイズ
(横×縦×高)
6.0x6.0x7.0
保存方法直射日光、高温多湿を避け、常温で保存してください。