ホーム > ちきりや

ちきりや 暮らしに欠かせないものだからこそ、こだわりたい味があります。

ご挨拶

写真01「粗茶ですが」「茶柱が立つと・・・」といったお茶にまつわる言葉やことわざは
たくさんあります。お茶は、永い歴史と伝統によって日本人に受け継がれてきた
日本の文化そのものであり、日常生活と密接にかかわりながら共に発展してきました。

現在、ご家庭や職場で急須を使いお茶を淹れることから遠ざかりつつあるなか、
弊社企業理念「緑茶の復権」「緑茶の持つ文化と空間の創造」を念頭に、
品質を重視し暮らしのお茶にふさわしい商品づくりに邁進しております。

全国の優れた生産者の方から原料茶葉を提供いただき、
弊社の味・香り・水色に仕立てる 「創業安政元年ちきりや」

【代表取締役社長】米内政明要所要所にお茶を使用し
皆様方から愛される料理と空間を提供させていただく
「四条烏丸ちきりや茶寮」

お茶を通じて京都の地から全国に発信し、心の潤いと安らぎ、皆様への健康に少しでも寄与することができるならば、「ちきりや」として最高の喜びと日々感謝致しております。

【代表取締役社長】米内政明

品質方針

品質を最重視した環境づくりと製造工程を取り入れ、
法令・規制要求事項を厳守し、
「安心」、「安全」でしかも美味しいお茶をお届けする。

企業理念

「緑茶の復権」、「緑茶の持つ文化と空間の創造」

沿革

写真02
写真06
写真03
写真04

安政元年 ちきりや創業
昭和26年 (株)ちきりや茶店設立
昭和39年 京都生活協同組合取引開始
昭和51年 日本生活協同組合連合会取引開始
昭和61年 (株)イトーヨーカ堂取引開始
昭和63年 静岡工場建設
平成12年 株式会社ニッド取引開始
平成13年 有機農産物加工食品小分け業者認定
平成16年 カルフールジャパン株式会社取引開始
平成17年 有機農産物加工食品製造業者認定
平成18年 ISO9001:2000(品質マネジメントシステム)認証取得
平成19年 有機加工食品の生産行程管理者認定
平成22年 株式会社ちきりやに社名変更
平成23年 ちきりや茶寮オープン (四条烏丸上る)

ちきりやの歴史

ちきりやは、安政元年(1854年)に京都の老舗をもって知られる千吉(ちきち)の別家にて呉服商を営んでいた秋山覚兵衛が、暖簾分けにより、山城宇治銘茶の販売を開始したことにはじまります。千吉とは千切屋吉右衛門を略した屋号です。
そのルーツは、奈良時代にまで遡ります。

(1)かつて朝廷に仕えた工匠(大工)

京都における最古の商家の家柄として知られている千切屋一門西村家の遠祖は、奈良時代の藤原淡海公の末裔で、工匠(大工)神人として南都一条院に関係し、1136年春日大社の摂社である「若宮神社」の御例祭「若宮おん祭」の時に、興福寺衆徒の供進する千切花の台(千切台)を毎年製作奉納していたと伝えられています。「若宮おん祭」は現在も続く伝統ある祭です。794年、桓武天皇が都を京都に遷された時に、京都に移住して来られたといわれています。

(2)ちきりやの紋

ちきりやの紋

ちきりやの紋は、千切台を真上からみたデザインです。四隅を切った四角形(八角)を三つ、俵を積んだように重ね、真ん中の八角形と右下、左下の八角形を、それぞれ二本の棒でつないでいます。三つの八角形の内側には、橘、藤、松、竹などの花が細かく描かれています。

(3)千切屋一門の繁栄

千切屋は少なくとも、1550年代以来、450年以上の歴史を持つ商家です。千切屋初代である西村与三右衛門貞喜は、豊臣秀吉とほぼ同じ時代を生きた人でした。
弘治4年(1558年)に、与三右衛門貞喜は、三条通室町西入ルに法衣商の店を設けました。

三条室町より東に100mほどいったところに六角堂という寺があります。その境内に平安京の建設時に移動させた「京都のへそ石」があります。京都の真ん中にあることから「へそ石」と呼ばれ、与三右衛門の創業地は京都の中心部でもありました。
また、新町通と室町通の間にある衣棚通は、秀吉が天正18年(1590年)に作った通りで、与三右衛門が店を構えた時期には、すでに法衣商が連なっていたことから、この名前がつけられたと思われます。

(4)「千吉」、「千治」、「千総」の誕生

与三右衛門貞喜には、四人の息子がおり、三男の雄貞が与三右衛門を継ぎ、法衣を商います。長男の四郎兵衛も別に法衣商となり、次男の喜右衛門は法衣金銀両替商となります。いずれの店も千吉台の暖簾を掲げ、与三右衛門は、「柿地に黒紋」、喜右衛門は「白地に黒紋」と色を変えていました。同じのれんの千切屋グループとなったのです。

四代・与三右衛門重貞は、次男の吉右衛門貞利が長男より家業に親しんだため、店舗と家業を譲りました。これが千切屋吉右衛門、つまり「千吉(ちきち)」の始まりとなります。

また、二代・与三右衛門雄貞の長男忠兵衛の子・治兵衛、四男長右衛門の三男・宗(総)左衛門がそれぞれ分家して、「千治(ちじ)」、「千総(ちそう)」が誕生しました。

(5)百軒にものぼる別家

18世紀末には、ちょうど60軒が千切屋ののれんを掲げていました。『京都語辞典(1975年)』に「千切屋百軒、誉田屋九十九軒」という言葉があり、一時は別家が百軒にものぼるほどだった思われます。こうして千切屋は、三条通を中心に、室町、新町、衣棚町の南北にわたって、展開していきました。現在、「千総」は三条室町東入ルに今もあります。

百軒にものぼる別家 当時の千切屋一門の繁栄をうかがわせるものが、三条室町の西北角にあります。
吉井勇(明治19年~昭和35年)の歌碑です。

「洛中の 五色の辻に 家居して み祖の業を いまにつたふる」

三条室町の四つ辻を「五色の辻」といいます。
江戸時代、千切屋一門の家々がこの地に並び、東南は「赤壁」、南西は「黄壁」、東北は「青壁」、西北は「黒白壁」の五色だったことから、このようにいわれました。

(6)法衣商から茶商へ

幼少の頃に「千吉」に奉公していた秋山覚兵衛は、宝暦6年(1756年)、分家して三条衣棚に店をかまえて法衣業を始めます。
そして安政元年、五代・覚兵衛の時代にちきりや茶店創業となりました。六代・覚兵衛が茶の輸出にも乗り出し、博覧会に出品して表彰され、京都市茶業組合の副組長にもなりました。七代・覚兵衛は地域の有力者でもあって、京都市茶業組合組長や、明倫小学校(現在は京都芸術センター)の学務委員という役を務めていました。

法衣商から茶商へ

(7)ちきりや茶店茶園

ちきりや茶店茶園

七代・覚兵衛は、明治43年(1910年)に宇治木幡に茶園を開きました。茶園は京阪電鉄木幡駅の真南に接しており、玉露や碾茶を主に作っていました。製茶工場もそこにあり、新茶時期には、たくさんの茶摘み女が茶芽を摘み、蒸気の吹き上げる製茶場で男たちが汗を流して茶を蒸し上げ、揉む作業をしていました。

当時碾茶生産の中心であった木幡、宇治に自園を持っていたのは、倉谷香楽園、ちきりや、先春園の3店です。茶業者が自園を持っているというは、珍しいものだったようです。
しかしながらこの茶園も、第二次大戦後の農地解放でなくなってしまいました。

(8)喫茶「ちきりや茶寮」の出店

喫茶「ちきりや茶寮」の出店

昭和15年(1940年)、「ちきりや茶寮」という本格的和風喫茶店を中京区河原町三条下ルに出店しました。和菓子付の抹茶、玉露、煎茶、「濃みどり」という冷たい抹茶の飲み物、ぜんざい、抹茶アイスクリーム(白いアイスクリームの上に抹茶を振りかけたもので、珍しいものでした)が主なメニューでした。

それを雑誌『新建築』が取り上げています。『新建築』は、大正14年(1925年)創刊以来、優れた建築や新しい建築の傾向を取り上げてきた日本を代表する建築雑誌です。その昭和15年2月号に「京都の茶寮」として3ページにわたる写真紹介が行われています。
「東京に簇生(そうせい)したおしるこやの形式を、京都は京都らしく、然も、もっと高踏的なものにひき上げて、巧みに解決している。これは階下に茶舗、喫茶室、階上に喫茶室及び茶室を持つ、京都の古い茶舗の新しい進出である。」

掛け軸
掛け軸「茶是長寿友」、「茶令人爽」の写真

これらは秋山覚次郎の茶道の師匠である久田宗也・無適斎(十二世)から、三条河原町にあったちきりや茶寮の開店時に店内の茶室に飾るものとしていただいたものの一部だそうです。

「茶是長寿友」(茶は長寿の友)
「茶令人爽」(茶葉人を爽やかならしむ)

と書かれています。
久田家は千利休の妹の夫であった久田刑部実房に始まり、のちに両替町久田と高倉久田にわかれます。
高倉久田家(高倉二条下ル)は、表千家を支える家柄で、表千家家元、官休庵(武者小路千家)家元の後嗣を送り出してきた家系です。

戦争により営業停止へ

昭和16年12月、太平洋戦争が勃発。お客さまに出す菓子が手に入らなくなり、台湾から瓜の砂糖漬けを仕入れたり、干し柿も出していました。店員は戦争に行く人もあって、どんどん減り、最後には京都一中に通いながら働いていた若い二人だけになってしまいます。そして、戦時体制の企業整備によって営業停止となりました。

カフェレストラン「ちきりや茶寮」として、再出発
カフェレストラン「ちきりや茶寮」として、再出発

70年の時を経て、平成23年(2011年)12月、京都市中京区烏丸四条上がったところに、カフェレストラン「ちきりや茶寮」をオープンしました。
お茶はもちろん、お茶を使ったスイーツや料理、さまざまなイベントなども楽しめる空間を提供しております。

桑原秀樹(2012)『抹茶の研究』
秋山哲(2005)『京都の茶商ちきりや 秋山という家』より引用

創業安政元年ちきりや茶寮:【Tel】075-221-0528(受付:朝9時~夜5:30時(土・日・祝除く)) 【Fax】075-211-0258(受付:24時間いつでも受付けております。)
ちきりや茶寮:【Tel】075-253-6322(受付:朝11時~夜9時(日・第4土曜日除く)) 【Fax】075-253-6332(受付:24時間いつでも受付けております。)